風の受胎
風の受胎

昔、昔、琉球にアマミクという神があった。
島をつくり、土石草木をつくったが、
「人がおらねば寂しきものよ。いまこそ地上に男女を乞い給いけり」
というて、ひたすら天の神に祈ったそうな。

やがて、地上に男と女現れた。
男は女をかわいいと思い、女は男をいとおしく思ったが、
いまだ契るを知らず、ともに暮らして月日を重ねた。

あるとき、男と女は海辺に出て、
風に吹かれて身をさらしていたところ、
風をはらんで、
たちどころに女は身ごもった。
三男二女を産んだそうな。

後に、長男は国の主の初めとなり、次男は諸侯、三男は百姓の初めとなった。
長女は王に仕えし臣女の初めとなり、次女は村々の祭りのノロとなったそうな。



 アイヌのコタンではこんな話がある。

 昔、女ばかりで、男という者の一人も居ない、メノコムシリという島国があった。
メノコムシリの女たちは、ピタカ(西風)の吹く日、海辺の岬に立って帯を解き、腹をさらした。
 「ピカタよ、われにメノコを与えたまえ}
といって、メノコ(子供)の誕生を願ったそうな。
 もし、まちがって男の子を生んだ時には、メノコムシリの神聖を犯すといい、その子の成長を待って、争ってリンガを食い 切り殺した。
 この島のメノコ(女)のヨニには、みな鋭い歯がはえており、その下のほうの歯で、男の子のリンガを食い切った。
 こうして、いつも完全なメノココタンになりきることが島の掟であったという。



 八丈にはまた、こういう伝説がある。
  
 八丈は女の島といわれl、青ヶ島は男の島といわれた。
二つの島をはさみ、黒瀬川と呼ばれる荒塩潮があった。この潮に船を乗り入れると、瞬く間に
数十里も流され、二度と生きては帰れぬといわれた。
 その頃、男と女が一つの島に住むと、海神のたたりがあると信じていたそうな。

 そこで女たちは、海岸に出ると前を広げ、南風(風)をはらんで身ごもった。
女が生まれれば島に残し、男の子が生まれれば、海に放ち青ヶ島に送った。

 その後、年に一度、南風の吹く日になると、海神のお許しがあったというて、八丈の女の島に、男の島からはるばる船で渡ってきた。その時、八丈の女たちはめいめいのぞうりを海辺に並べ、男たちを待った。そして、自分のぞうりをはいた男を夫と定めて、家に連れ帰り、一夜の契りを結んだ。・

   沖の青島 殿御の島よ
   南風そよそよ 女護が島

   南風だよ
   みな出ておじゃれ
   迎えぞうりの紅はなお

 こうして女たちは、ことしも風が吹いて、とく渡り来よかしと、ひたすら南風を待ったそうな。


 ある年のことだった。
 伊豆の大島に流された男が、力に任せ、またたくうちにいずの島々を従えた。
三宅島に来たとき、男は島長(しまおさ)を呼び、
 「これから南にも島があるのか」
と尋ねた。
 「南の方は潮の流れが速くおじゃるので、だれもがこわがり、船を出したことはおじゃらず、島があるやら ないやらわかり申さぬ」
と答えた。
その時男の目に、南に飛ぶ鳥のむれが見えた。男はやにわに鳥を指差し、
 「あれは鳥ではないか。南の方に島がないとすれば、ねぐらを求めて行くはずがない」
たけだけしく言い放つと、船を海に降ろさせ、幾人かを従えて女護が島に舟を進めた。

 黒瀬川の激流を乗り切り、女護が島に着くと、砂浜に美しい紅はなおのぞうりが並んでいる。
ぞうりは、海から上がった人がはけるように陸に向けて並べてあった。

 「ここは確か、女護が島にて尾JAL。海から来た男がこのぞうりをはくと、ぞうりの持ち主の女が、その男を夫にするならわしと聞いたことがおじゃる」
三宅島の船頭のひとりがいった。

 一行が島の奥へ歩いて行くと、草ぶきの屋根があり、黒髪を背中になびかした色白の女たちが、歌をうたい、機を織っていた。

  きぬの竹でもはっちょうにませな
  はっちょうしかた 弓こわはっちょう
  オオサひさめよ、ひさめよ。
  オオサひさめ。


 機を織る手に合わせて歌っていた女たちの中に、ひときわ美しいニヨコ(女)がいた。
ニヨコは男を見ると驚いたが、しだいになれて口をきいた。

 やがて、男とニヨコは愛し合うようになったが、男はこの島の言い伝えを聞くなり、カラカラと笑い、
 「わしはこの島の迷信を打ち破るためにもおまえと夫婦の契りを結びたい。
 どうか賛成してくれぬか」と言った。
ニヨコはこれを聞くと顔を赤らめたが、うなずいた。

 男はニヨコを妻とし、一年あまりを住み、ふたりの男の子が生まれたそうな。

 仲むつまじいふたりを見て。
 「昔から言い伝えはうそ話でおじゃた。なんのたたりもなっけに女だけで住むのはばかげたことでおじゃた」
と言って、男と女がともに住んでもたたりがないことを喜んだ。

 それから女護が島では、男と女が一緒に住むようになったという。



 紀伊半島の北端にある加太の浦の漁村では、後世に至るまで、風にはらんで子が生まれるという伝承が残っている。
 加太の浦の男たちは漁に出ては半年から一年も帰らぬことが多かった。
村に残った女たちは岬に立ち、子が授かるようにとこぞって風に向かい、胸を広げ、腹を出した。

 和歌山県海草郡加太町にある加太神社には、自然石のリンガが安産の祈願として祀ってあり、
悲願女たちの捧げる野の花が飾られているという。
 子宝を願う女たちは、神社の屋敷からひさかに茶碗を盗んできたりする。そのとき、茶碗を右のたもとに隠して帰れば男の子、左のたもとに隠せば女の子が生まれるといわれた。
 今でも、加太の岬では、花の風媒のように、海からの風によって子がさずかると語り伝えているという。

                       
[PR]
by hidesannno | 2012-02-16 21:22

随筆と詩歌
by hidesannno
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
お気に入りブログ
おいしいお店 八百屋ろ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
あの夏 この夏
at 2013-07-22 23:42
夢を編む その8  「親和力Ⅱ」
at 2013-06-21 07:00
夢を編むその7  親和力
at 2013-04-29 22:20
夢を編む6
at 2013-02-21 06:36
忘機
at 2012-12-18 03:28
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧