両眼微笑
両眼微笑

 三十世 水無月

 葡萄の蔓緑なり

 ガラス窓に見知らぬ白髪の主

 断じて 吾にあらず





 レジに立つ母親のエプロンの紐をほどいては遊びをせがんでいた息子が30歳になる。
僕らの足跡を確認するように時間をさかのぼるようにしてその足取りを訪ね歩いているらしい。
同級生は家を建て、子どもまでいるのに息子はいまだに旅の途上だ。
まあ、目、耳を澄ましてじっくりいくのは、こんな時代にあっては、大いに善い事と思っている。
それに、僕らが見逃したものも見つけたりするから、なおさらとも思っている。
 草野心平の詩*「冬眠を終えて出てきた蛙」のように「両眼微笑」で帰ってくるのを楽しみに待とう。

                    30年目の芒種の日
 *草野心平の詩で題名の「冬眠を終えて出てきた蛙」のほうが本文「両眼微笑」より長い傑作な詩。
  (冬眠~「●」という詩も草野心平) 


 八百屋は30年。
 その当時のノートが出てきた。


『幾日もシトシトと雨の日が続いていました

 開店の日まで指折り数えて、毎日毎日

 空を仰いでは、雨降りをうらんだものでした

 店の改装はほぼ終わって、音楽にあわせて最後の仕上げを

 友人たちがしてくれている

 そのボブマーリーの歌声が
 
 これから始まるシーンをカウントダウンして  

 僕たちをブルブルふるわせたものだ

 ゆっくり幕が上がる

 僕たちの熱気は、息は

 重たそうな空を

 少しづつ少しづつ動かしていった

 開店の日

 空は文句なしの快晴

 棒立ちしている僕たち  

 ポンと背中をたたかれた

 仲間たちは音楽会の喝采のように

 手をうち、口笛をならした

 さあー

 音楽だ

 踊りなさい
 
 叫びなさい

 ここは地べたにはいつくばる虫たちの

 アスファルトをつき破って咲く雑草たちの

 ミュージカルのステージ

 トマトは微笑み

 大根は踊っているよ

 僕たちは陽気に笛を吹き太鼓を叩いているよ

 さあー

 いらっしゃい、いらっしゃい 』 
 ・・・・                          

あれから30年。そう、人生などあっという間だ。
草野心平の蛙のようにどこまでも「両眼微笑」でありたいね。



ここで暮らす楽しみ①

家の近くに馴染みのお店。
小さい時からいるおばちゃん、おじちゃん。
自分の家族に食べさせるみたいに美味しいものを探してきてくれる。
うそついたり、ごまかしたりしない。
好きなものをよく知っていて、必ず取っておいてくれる。
遠くのお店で売ってる評判のスウィートなんかより全然美味しい。
悲しい時には黙ってりんごをポケットにそっと入れてくれたおばちゃん。
通いなれた坂道の右手に緑の葉陰にそのお店はある。
30年つづいている。
僕らの生まれる前から変わらずあったのだ。

「いらっしゃっい」

とおじちゃん
[PR]
# by hidesannno | 2012-03-04 15:47
春一番
           春一番が吹いたらしい

         庭は梅が満開でゆきやなぎも芽ぶき

         桜も赤らんでいる

         持ち帰った薄紅色の梅の花を
         
         あるだけの花器に挿した

         ゆっくりコーヒーを飲み 
        
         ラジオも消した

         道は静かで、人通りもない

         空はきれいだ

         悲しみのシグナルのように星をたたえ

         非情なあなたに

         気がつくと合掌している

2011・3・15

秋山郷栄村(12日に震度6の地震で家屋が倒壊し道も閉ざされた長野の小さな山里)のじゃがいもで梅コロッケを作りました。
よかったら、食べに来て下さい。
[PR]
# by hidesannno | 2012-03-04 14:43
ふぞろいの野菜
うっすらと雪化粧と思っていたら,篠竹が傾げるほどに雪がふった。こんな日は思いがけないことがあるもんです。にんまりしているのは僕だけかもしれないが、あれっと手を引っ込めるお客さん。みると、小さいにんじん、でこぼこのいも、しもやけの花野菜、大きくならなかった丸大根・・普通なら畑の隅に捨てられてしまう野菜。でも、僕がにんまりしたのは八百屋を始めた頃を思い出したからです。その頃は、いやいや今でもそうですが規格外といわれるものはお店までは着ません。みんな畑に置き去り、生産者の家ではもっぱらこれらのやさいが台所で料理されます。これらはみんな同じ土から育ったものですが、一方は商品、もう一方は品物(ひんぶつ)と。
 僕たちが八百屋を始めた時、畑で育ったもの、小さいの、大きいの、曲がったの、まっすぐなの・・という具合に野菜を並べた。規格といえば「食べられるもの」であった。よくよく考えれば全く同じもののほうが不自然です。畑ではいろいろできるものです。ですから、ぼくらは畑にあるものをできるだけありのままに並べたのです。
 八百屋の入り口にこんな看板があるのを知ってましたか。
 
 ここにある野菜は畑で同じように育ったものです。
 選ばないでください。

僕たちだっていろいろですよね。みんなちがって、あたりまえ。
だってまっすぐなきゅうりばっかでしたらおかしいですよね。
まがったのはどこにいったのかな・・。
 真っ白い雪が予想外に降った朝。そんなことを思い出してにんまりした。
このやさいたち雪の中から一生懸命きた、って感じ。
 そう、この野菜の丸だいこんとブロッコリーのかき芽の源五郎丸さんが2月19日結婚式です!

2011・2・1

 
[PR]
# by hidesannno | 2012-03-04 14:39
その日をこころよく暮しましょう
その日をこころよく暮らしましょう


夏はやってくるもの

快く、待ちましょう

蝉時雨とキーンとした日差し

鮮やかな青空に大きな白い雲

快く、待ちましょう

窓を開け、風のとおり道をこさえ

蚊遣りブタにヨシズをたてて

快く、待ちましょう

ゆりが咲いたら

夕暮れに打ち水をし

花火に耳をすまし

快く、待ちましょう

そして

るこう草、黄色花のへちま、ひょうたんの蔓が

大きく伸び、花が咲いたら

夏は過ぎていくもの

ゆっくり星を数えましょう

そうして

時はすっーと過ぎていくもの

だから

こころよく、その日を暮らしましょう

ほらね

星空の下、山の上にぽっかりと

月、出ましたね

2010・8・10
[PR]
# by hidesannno | 2012-03-04 14:32
17年前
17年前の八百屋ろが見れます。 
 
    7月17日(土曜日)朝5時15分~5時50分
    NHK総合2ch「かんさい想い出シアター」
    {17年前に~夢を織りなすマイタウン~というタイトルで
    学園前周辺を記録したもので八百屋ろも紹介されました。
    当時と現在の映像を加え、時の推移と人々のありようを
    伝える番組です。}

 この映像は八百屋ろがこの地で始めて10年目の時でした。ちまみにヒデさんは41歳。懐かしい人たちや他界された方も映し出され感無量であります。時間にしたら5分ほどの記録ですが若く,無我夢中で仕事に没入する姿はいいものであると思い起こすのである。映像の中に登場した中で今はその姿がない所も出てきて、改めて17年という歳月の推移を考えさせられました。
 28年目になる八百屋.NHKの記者にこう聞かれました。
「これからの夢は?」
はて、夢を追って走り続けてきた。目的地などなかった日々。これから・・か、と。
「夢をかたちにすることかな・・」
僕たちの父や母が営々と重ねてきた日々の暮らし、その尊い行為の中に今の僕たちがいる事。そのことを足元にいる人らに伝えていく、決して途切れることのないようにである。
その日その日を心ゆくまで暮らすことの大切さを忘れないように。
 
 17年前にこんな詩をかいている。

              何もかもが今のいま

    ふでばこに時間を消せる消しゴムないかしら
    あるわけない
    あるのは今のいま

    なにもかもが今のいま 
    昨日のケンカも明日の仕事も学校も
    去年のツケも宿題も  
    なにもかもが今のいま
    
    腰の痛みも泣き虫も
    捨てて切られし恋仲も
    なにもかもが今のいま

    顔のニキビも水虫も
    朝の小雨も風向きも
    なにもかもが今のいま

    昨日も明日も明後日も
    隠しつづけた絵日記も
    なにもかもが今のいま
 
    みんなまとめて今のいま+


2010・7・12
[PR]
# by hidesannno | 2012-03-04 14:20
  

随筆と詩歌
by hidesannno
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
お気に入りブログ
おいしいお店 八百屋ろ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
あの夏 この夏
at 2013-07-22 23:42
夢を編む その8  「親和力Ⅱ」
at 2013-06-21 07:00
夢を編むその7  親和力
at 2013-04-29 22:20
夢を編む6
at 2013-02-21 06:36
忘機
at 2012-12-18 03:28
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧